リフィート,効果,口コミ

 

リフィート効果もゼラチンも、ゼリーなどの凝固剤として使われるので同じように思えますが、この2つは原料や主成分もまったく違います。ゼラチンは動物性のコラーゲンなどからできていて、主成分はタンパク質なのに対し、リフィート効果は天草などの海藻から作られていて、主成分は食物繊維です。
それぞれでゼリーを作った場合、ゼラチンはぷるぷると柔らかいですが、リフィート効果は固めで食べ応えがあり、食感に大きな違いがありますよね。
そして、リフィート効果はほぼカロリーゼロですが、動物性のコラーゲンからできているゼラチンのカロリーは1食分(5gで作った場合)で約20kcalで、どちらかといえば低カロリー。脂質に関しても、どちらもほぼゼロです。
では、なぜリフィート効果にはリフィート効果が良いと言われるのでしょうか?ゼラチンと比較した場合、大きな違いといえば主成分。リフィート効果の食物繊維には、水溶性と不溶性の2種類が含まれています。しかも、この食物繊維には驚くほどの保水力があり、これはリフィート効果ならではの特徴。リフィート効果に良いとされる鍵はこの食物繊維と言えそうです。
では、その効果には具体的にどんなものがあるか見てみましょう!
水に溶けて粘り気のあるゲル状になるのが特徴。これにより「太る元」を包み込んでくれます。
リフィート効果リフィート効果について
1か月くらい前から 朝と夜にリフィート効果で作ったゼリーを食べています。
リフィート効果
今までは夕食の前に間食(お菓子)をしていたんですが 体重がものすごく増えてしまったので止めました。

 

リフィート効果ゼリーのおかげか 夕食の前に そこまでお腹が空かなくなり、納豆を1パック食べています。

 

 

ただ、リフィート効果を食べ始めてから もともと悪かったエステがもっと悪くなり 何日も出ないことがあります(でても少しです)

 

 

それとトイレがものすごく近くなり 朝も起きてから12時までに5回ほど 夜も寝る前に何度もトイレに行きます。

 

体重も減らないにしても 食べ始めたころから2キロほど増えてしまいました。

 

 

エステは極端に少なくしたわけでもなく ご飯の量を茶碗半分くらいにして

 

おかずも 今までドカ食いしていたものを 少し減らして その分沢山噛んで食べています。

 

 

運動も朝と昼(会社の昼休み)に軽いストレッチ 夜もお風呂から出てからストレッチをしています。

 

 

食べなくても太るんなら いっそのこと前みたいにドカ食いしようかと考える毎日です。

 

 

せめてエステくらいは良くなってほしいと思います。

 

 

29歳 女です。

 

 

昼間は仕事をしているので(事務職) あまり日常的に運動はしていません(ストレッチ程度)

 

 

もっと運動をしたら 体重も増えなくなり エステもよくなるのでしょうか?

 

宜しくお願いします。
@糖の吸収を抑制
エステの急激な上昇を防ぎ、肥満ホルモンとも言われるインスリンの分泌を抑える。
Aリフィート効果をつきにくくする
コレステロールなどの余分な脂質の吸収を抑制し、体外に排出。
B便秘解消
善玉菌を増やして腸の調子を整える。
不溶性食物繊維の効果
水に溶けず、体内で水分を吸収して膨らみます。
@便秘解消
腸の蠕動運動を活発にさせる。水分を吸って便のかさを増し、柔らかくしてくれる。
Aデトックス
体内の有害な物質を排出。
B消費カロリーUP
腸が活発に動くと体内で熱を作り、基礎代謝UPが期待できます。
C満腹感

たっぷりの水分を吸収することで、満腹感を得やすい。
リフィート効果だけに含まれる天然の成分。ですが、粉リフィート効果は製造過程でアガロペクチンが流出してしまうので、角リフィート効果や糸リフィート効果の方が含有量が多く、効果が期待できます。
@肌の若返り
シワを目立たなくしてくれる。
A紫外線から守る
コラーゲンの破壊を抑え、シワやたるみの原因を抑制。
B抗がん作用
Cコレステロール値の低下
美容や健康面までもカバーしてくれて、なおかつ低カロリーなんて嬉しいことづくめですね。
ポイント
食物繊維の保水力によって、高い満腹感を得ることができるために、リフィート効果はリフィート効果にうってつけの食材。さらに、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の両方がバランス良く含まれており、お腹の調子を整える効果も抜群!