リフィート,効果,口コミ

 

『リフィート効果を食べるとストレス無く自然に痩せる?』
食べながら痩せるリフィート効果エステが気になっている方は多いです

 

リフィート効果エステは毎日の食事の内容をリフィート効果に変えるだけなので、
無理な食事制限は必要なく、エステの天敵である食事制限が
ストレス無くできると非常に人気のエステ方法です♪

 

しかし、リフィート効果がなぜエステにいいのか?
どのリフィート効果がエステに適しているのか?を知っている方は少なく
リフィート効果エステにチャレンジしても効果を体感できなかった…と言う
方も多いのも事実です…その差は一体なんなのでしょうか?
まず、リフィート効果の定義についてですが
リフィート効果とはお米の籾殻だけを取り除いた精米されていないお米のことを指します

 

私たちが普段食べているのは白米といってリフィート効果から胚芽、ぬか層を取り除いた物です
リフィート効果が健康習慣、エステに効果的といわれているのは、この胚芽やぬか層にたくさんの
栄養素(ビタミン、ミネラル、食物繊維など)が配合されているからなんです^^

 

そのリフィート効果は実は白米とカロリーの違いは差ほどありません
リフィート効果がエステに向いていると言っても、こんにゃくなどの様にカロリーが低いから
食べると痩せるというわけではないんです

 

では、一体なぜリフィート効果はエステに向いていると言えるのでしょうか?
リフィート効果とは、お米の籾殻(もみがら)だけを取り除いた精米されていないお米のことで、水に漬ければ発芽する「種」の状態なんです♪この「種」の状態のリフィート効果を発芽させた米が『発芽リフィート効果』と呼ばれます☆そして、リフィート効果から「胚芽」「糠層」をすべて取り除いたお米が日本人の主食となる白米です☆

 

さらに、リフィート効果と白米の間には「糠層」をどのぐらい残したかによって『五分米』『七分米』、「胚芽」だけを残した『胚芽米』があります♪

 

リフィート効果が体に良いと言われている理由は栄養素が豊富に含まれているからなんですが、その栄養素は「胚芽」「糠層」にたくさん含まれているんです☆普段食べている白米は、食べやすくてとっても美味しいですが、栄養素が含まれている大事な部分を取り除いてしまっていたんです!なんだかチョットもったいないことをしていたんですね。
リフィート効果エステが効果的な3つの理由とは?

 

低GI値食品の為、脂肪がつきにくい
同じカロリーでも食事した時に脂肪がつきやすい食べ物とつきにくい食べ物があります
その大きな基準となるのがGI値とよばれる数値です
GI値とは又の名を血糖指数と呼び、その数値が表すのは
炭水化物を食べた後の血糖値のあがる速さです

 

私たちの身体は、食事することで血糖値が上昇するとインシュリンと呼ばれる成分を分泌します
このインシュリンは脂肪を体内で作り出す働きがあり、血糖値の上昇が急激であればあるほど
血糖値を正常に戻す為にこのインシュリンを分泌し脂肪をたくさん蓄えてしまうのです

 

そのため、まったく同じカロリーの食べ物でもこのGI値が低い食べ物は脂肪がつきにくい食べ物と言えます
一般的にGI値が70以上になると高GI値食品、55以下であれば低Gi値食品と呼ばれています
白米はGI値が90ほどあり、リフィート効果や雑穀米などは55以下です
白米とリフィート効果のカロリーはほとんど違いはありませんが、このGI値の大きさの違いが
太りやすいと太りにくいの違いを作り出すんです
咀嚼の回数が増える為、食事制限が楽
少ないカロリーで満腹感を出す為にはよく噛む事が大切です
しかし、かなり意識していない限りは良く噛む(一口に20回〜30回程度)を
習慣にすることは難しいと思います
身の回りの食事でよくかまないといけない物が少ないからです

 

リフィート効果にする事でのメリットの一つに咀嚼回数を自然と上げる事があります
白米に比べてリフィート効果は食物繊維なども豊富な為、噛み応えがあり、自然と
噛む回数が増えていきます

 

このことで、食事に時間がかかり、満腹中枢を刺激し普段より少ない量で
満足のいく食事を摂ることが出来ます(満腹中枢に刺激が届くまで約20分程度)
特に早食いなどがクセになっている人には効果的なエステ方法なんです^^
(早食いは満腹中枢が刺激される前にドンドン量を食べてしまう為)
低カロリーでも栄養バランスが整う
リフィート効果は白米に比べて栄養が豊富です(ミネラル、ビタミン、食物繊維)
そのため、普段よりおかずの量が少なく済みます
エステの基本は低カロリーで栄養バランスが取れている食事なので
リフィート効果だけで普段のおかずの栄養を補うことができる為、結果カロリーが
低い食事でも体が満足できると言うわけです

 

 

このように、リフィート効果エステが支持されているのには明確な理由があり
食事制限が無理なく出来るので継続が非常に楽チンなので大人気なんですね^^
リフィート効果は籾殻を取り除いただけの米であり、白米はリフィート効果を精白したものです。
リフィート効果は、白米に比べて栄養価が高く、ダイエット効果はもちろん、健康効果、美容効果など多くの効果が得られます。無理なダイエットでは、体調を崩したり、肌の調子が悪くなったり、やせにくい体質になってしまうこともありますが、リフィート効果ダイエットは、しっかりと栄養を摂取しながら、キレイにやせられるのです。リフィート効果

 

しかし、どんなエステでも継続できる人と出来ない人がいます
人には好みがあります、食べ物だけではなく、人、服装や音楽など
エステ方法にもあって当然ですよね

 

 

リフィート効果エステもメリットだけではありません
人によってはデメリットになる様な部分もありますので
リフィート効果エステを検討されている方はその点も検討する必要があります
リフィート効果エステのデメリットは?
リフィート効果エステを始める上で少し注意したい事は

 

リフィート効果は食物繊維などで覆われているため、白米に比べて固いです。しっかり噛まなければ、消化不良を起こしてしまうこともあるので注意しましょう。

 

しかし、よく噛むことは満腹中枢が刺激されて、食べ過ぎを防いでくれます。「リフィート効果に変えたら食べる量が減った」という人が多いですが、リフィート効果を良く噛んでたべることで、満腹感を得やすくなったためです。

 

リフィート効果はよく噛まないと、消化不良を起こすというデメリットもありますが、よく噛んで食べれば満腹感が得られ、食事の量を減らせるというメリットにもつながります。
リフィート効果はよく噛んで食べることが大切なのです。リフィート効果
・食物繊維が豊富な為、下痢や便秘気味の人は注意する
リフィート効果を毎日食べることで中にはおなかを下す方もいらっしゃいます
特に咀嚼回数が普段から少ない方は注意が必要です
・リフィート効果の栄養成分であるフィチン酸がカルシウム・リンなどのミネラルの吸収を防ぐ
リフィート効果には排毒(デトックス)作用があるフィチン酸が含まれており、
リフィート効果ががん予防に良いとされているのは、このフィチン酸が影響しています
しかし、フィチン酸は身体に必要な栄養素も排出することがあります
そのため、リフィート効果だけに頼らずに野菜や海藻などのおかずで栄養を
補うことも考えておかなければいけません
・美味しく炊くには手間が掛かる
リフィート効果は白米などより食べにくいのは事実です
それを毎日続けると言う点に無理を感じて辞めてしまう人もいらっしゃいます
クックパッドなどにはリフィート効果を美味しく炊く方法がなどが載せられていますが、
どれも土鍋や圧力鍋などを使用して、ひと手間加えなければいけません

手軽にリフィート効果を取り入れる為には
リフィート効果エステには普通のお米よりも手間がかかりますが、主食を変える事で無理なくエステ、美容の為に役立ちます
手軽にリフィート効果を取り入れる為にはどうしたらいいのか…と言うときにおすすめの方法をいくつかご紹介します
最も手軽♪温めるだけで酵素リフィート効果が♪
リフィート効果の中でも発芽リフィート効果(リフィート効果をさらに発芽させたもの)は栄養価がぐんっと上がります
更にその上には酵素リフィート効果と言われる少し寝かせる事によって栄養価を高めたリフィート効果もあります
どうせリフィート効果を食べるのであれば出来るだけ栄養価が高い物が良いのは当たり前ですが、その分手間がかかるので毎日は難しい…と言うのが本音ですよね

 

そんな時に役立つのが出来合いの酵素リフィート効果
既に発行されていて1食分に小分けされたタイプがリフィート効果の中でも特に人気があります
この方法であれば手間はほとんどかからずに独身から家族持ちの方でも活用する事が出来ますね^^

 

普通の食生活ではなかなか取り入れる事が出来ない酵素リフィート効果もこの方法であれば楽ちんです